太古、貝殻などで始まりやがて紙幣・硬貨が出現し、今日のデジタルな通貨として出現した仮想通貨は究極の貨幣だという岩井さんは反面、次のように言っている。

「2009年の登場以来、ひょっとしたら貨幣になるかもしれないと考えてきました。しかし、この1年で考えが変わりました。もはや、貨幣になる可能性は極めて小さくなってしまった」と。

理由は、「最初は麻薬の地下取引などで利用が広がったため、そのまま静かに一般取引でも利用が広がれば貨幣になる、というシナリオも描いていました。しかし、逆説的ですが、人々が『貨幣になるかもしれない』と期待と興奮の中で値上がりを目的に買い始めたことが、逆に貨幣になる可能性を殺しています」だと。

(要するに決済手段として便利でコスト・セービングに繋がると予想する(信じる)から購入するが、やがて仮想通貨自体を溜め込む(価値があがる資産として誰もが手放さない)ので決済手段としての貨幣では
なくなるという事?ナルホドなあ)