ちょっと油断するとすぐサボる!
早くも日記を付けるのがダルくなりつつある今日この頃、重い腰をようやくあげて今日の題目「切手」について触れていきたいと思います。

まず切手ですがこれはお金に変えることができます。
そんなの知ってるワイ!金券ショップに持ち込めば買い取ってくれるんやろハゲ!と思う方が多いと思います。しかし買取の金額にバラツキが発生しているのはあまり知られていません。
ちなみに世間一般のまともなお店によるまともな査定員の出す適正な買取金額は総額面×0.7になります。10000円分あれば7000円にはなるということですね。

えー切手いちいち数えるのめんどくさいしーなんか枚数多いと数えるのダルくね?
もういらねんだからさっさとお金に変えてよアホクサ~。というように考えている人が意外にも非常に多いのです。

これをいいことに世間に存在するまともじゃないお店によるまともじゃない査定員は総額面×0.2くらいにしてしまいます。この浮いた0.5はそのまま店の儲けになったり査定員のポケットマネーとなります。

以上のことから何が言いてぇのかと申し上げますと切手を売るときはしっかり総数を前もって数えてから売りに出しましょう!ということです。
まぁそんな風に正確に数字を把握してもこれは汚れてるからダメとか状態が悪いとかでマイナス査定なんですーとか難癖つけられて安く買いたたかれるのがオチなんですけどね。。。参考までに!

そもそも切手なんて持ってないよ!という人はおじいちゃんおばあちゃんや親に聞いてみましょう。必ずと言っていいほど誰かはたくさん持ってます。
そしてどうせ使わないのだから強奪してガンガン換金しちゃいましょう。意外といいお金になるYO!

長くなりましたが次回予告「記念硬貨」です。